Village Life

貸別荘の注意点



どこでもそうですが、沖縄での貸別荘ライフを十分に楽しむ為には、マナーやエチケットも大切なポイントです。いくら貸別荘でプライベートが守られていて何をするのも自由といっても、何でもありというわけではないですよね。貸別荘を初めて利用する人も何度も利用している人も、貸別荘を使用する上での注意点を知ってマナーのしっかりしたお客さんになりましょう。

料金の注意点

格安料金で色々なオプションが付いてくる貸別荘は、かなり魅力的な貸別荘だと思います。

しかし、カラオケやBBQを楽しむ以前に重要なのは、気持ち良い思い出に残る旅行をすることではないでしょうか? あまりにも低額料金過ぎる貸別荘は逆に注意しなければなりません。

例えば立地条件が良くなくて山奥でとても景色も悪く楽しむ物も何もなかったり、またバブルの頃に建てられた個人の別荘や以前に企業の保養所で使っていた建物を貸別荘として貸し出しているというケースも最近は多くなってきましたが、そんな貸別荘の中には最悪の場合、旅館業法違反の無許可で貸別荘業をしているもぐり業者と呼ばれる物もあるそうです。

旅館業法だけでなく、何かあった時に命に関る消防法までも違反していたり、建物の旅館業への用途変更がされていなかったり、保健所の検査なんて一度も受けたことは無い等、もし何かあった時に一番困ってしまうのは宿泊した自分自身なのです。

そんなもぐり業者のホームページやパンフレット等には長期貸しや月貸し〜円といった表示がされています。もちろん長期貸しや月貸し〜円と書いてある全ての貸別荘がもぐり業者というわけではありませんが、そういう表示をよくするという事です。それは何故か、月単位(1ヶ月以上)で別荘を利用者に貸しているので、これは旅館ではなくて貸家ですという風に旅館業をする上での営業許可が必要ないと言い逃れできるように月単位での貸し出しになっているのです。
そして最悪の場合は宿泊料金すらホームページにもパンフレットにもまったく表記されていない場合があります。
ホームページでの宣伝はしているけど現地に着いてみたら案内看板がどこにも無かったり、貸別荘の連絡先が携帯だったり地元以外になっている等の場合には十分注意が必要です。

その他の注意点

早めのチェックイン

貸別荘を借りる時には、貸別荘の管理人さんから、別荘のカギを受け取る必要があります。早めにチェックインすることで、貸別荘自体をしっかり見る事ができますし、もしクレームがあった場合にも早く対応してくれます。ですので早めのチェックインを心掛けましょう。もし何かの理由でチェックインが遅れてしまう場合には、必ず管理人さんに連絡を入れておきましょう。

バカ騒ぎしない

ホテルや旅館に比べて、かなり規定はゆるいとは思いますが、いくら独立している一戸建ての貸別荘に泊まるからといって、沖縄の人はお酒が大好きだからといって、度を超えて大騒ぎしてしまっては、やはり他にもいる宿泊客の迷惑になってしまいます。基本的な一般常識としてのルールを守って楽しんでいれば大丈夫です、一人の人間としてマナーをしっかり守って貸別荘の仲間も、そこに宿泊するほかの人も皆が快適な貸別荘生活を過ごせるように、心掛ける事が大切なポイントです。

ペットは大丈夫か確認する

最近ではペットも一緒に宿泊することができる 貸別荘 は多くなってきています。しかし一部の貸別荘では、ペットを一緒に連れてくる事を禁止している所もあります。そしてペットに関する条件が定められている所もあります。一緒に連れて行ってから断られる事が無いように予約する時に事前に確認しておきましょう。

備品の持ち出し、持ち帰り

ホテルや旅館等では備品等の持ち帰りをしていい物がありますが、貸別荘の場合、基本的に持ち出し・持ち帰りを禁止しています。また、調味料等の消耗品に関しても、使用制限をしている貸別荘もあるので、これも確認しておいた方が確実です。

このような、貸別荘の注意点をしっかりと把握・確認して、楽しくのびのびとした貸別荘生活をエンジョイしましょう。

Valuable information

美容専門学校を東京で受講

バレエ 留学

Last update:2017/6/15

ページTOPへ戻る↑